瞑想

自己否定が止まらない原因は?自己否定感を上げて克服する方法

「自己否定をやめたいけど止まらない」

「自己肯定感を上げて自信を持って生きたい」

近年ではこのように思っている方が多いようです。

私も、子供の頃から自己否定を繰り返して苦しんで生きてきました。

しかし3年程前から、ある瞑想に出会って自己否定をしなくなり普通に生きれるようになりました。

このような体験から、「自己否定が止まらない原因や自己否定をとめる方法」について書きたいと思います。

プロフィール

2019年(私が33歳の時)にヨグマタ相川圭子さんの元で瞑想を始めて人生が変わりました。 「本当に幸せになる生き方」や「生きる意味」などについて自分の体験を交えて書いています。 【自己紹介】 都内在住 ...

続きを見る

自己否定止まらない原因

自己否定をしてしまう原因は人それぞれ違うと思います。

こうでなくてはならない。こうしなければならない。という思いからそうじゃない自分を否定している方もいるでしょう。

また、こうなりたい。こうはなりたくない。という思いから、その願いを叶えるために、そうじゃない自分を否定をしている方もいるでしょう。

こうでなくてはならない。こうするべきだ。という思いや

こうしたい。こうしたくない。という思いがあると

自分に制限をかけてコントロールしようとします。

それが自己否定に繋がります。

こうでなくてはならない。

こうしたい。こうしたくない。

という思いがあるうちは、自己否定は止まらないのです。

自己肯定感を上げるのは本当の解決方法なのか?

自己否定をしてしまう人は、自己肯定感が低いので、自己肯定感を上げましょう。

という考え方もあると思います。

しかし、こうでなくてはならない。こうなりたくない。

という思いがあるうちはいくら自己肯定感が上がっても自己否定は止められません。

自己肯定感が上がると確かに自信を持って生きることができます。しかしそれは一時的なことに過ぎません。

右があると左が存在するのと同じで、肯定があると否定が存在するのです。

肯定する力が上がれば上がるほど、その振り子で否定の思いも存在してしまいます。

ヒマラヤで厳しい修行をして、究極の悟りに達した、私の瞑想の先生はこうおっしゃいます。

心にコントロールされてはいけません。あなたが心をコントロールするようにならなければなりません。真ん中の道を歩むということです。右でも左でもない、プラスでもマイナスでもない、それらを超えた真ん中の道

です。心を超えて真ん中の道を歩むともっと自由に生きられるというわけです。

引用:心を超えるともっと自由に生きられる

自己肯定感を高めるのではなく、自己否定している心を見つめて超えていく事こそが、本当の意味での自己否定を止める方法なのです。

私が自己否定を克服した話し

私は約3年ほど前に、ヨグマタ相川圭子さんの元で瞑想を始めました。

瞑想を通して、たくさんの変化があったのですが、その中の一つに自己否定がやめられたという変化がありました。

私は、いつも固定観念に囚われていて、こうしたらダメ、こうでなければダメという思いが人一倍強く、ダメな自分を責めたり、周りの人をも責めてきました。

一番強く思っていた事は、悪いことを思ったらダメという思いがありました。

人の悪いところを言ったり、思ったりすると、回り回って自分に返ってくるから、悪い思いはもってはダメと思っていたのです。

の嫌なところを見ると、ネガティブな思いの方にいかないように、無理やり相手のいいところを見つけて感謝しようとしていました。

長い間そうやって、自分の本音を閉じ込めてこう思ったらだめ。こう思うべきだ。という思いに囚われていました。

瞑想を始めて、自己否定のブロックが溶けた

まずは、こう思ったらダメ。というブロックが溶けました。

どのタイミングでそのようなブロックがなくなったのかはわかりませんが、気が付いた時には、こう思ったらダメという思いがなくなり、それと同時に色々な思いが噴き出てきました。

相手の悪いところや嫌いなところを心の中で呟くようになり、心の中で愚痴を言うようになりました。

それが続くと、この人は嫌い、この人は好き、と好き嫌いがはっきり出てくるようになりました。

前までは、悪い思いを持たないように自分の思いをセーブしていたので、何があっても、良いように思う癖がついていました。そのため自分の好き嫌いさえわからなくなっていたのですが、その思いが湯水のように溢れ

て出てきました。

最初は、このような思いがとめどなくでてくることに戸惑いましたが、ヨグマタの言う通り

心はあなたではない。

心を見つめて手放していく。

そうすることで、この思いが消えてなくなる。

という教えの通り、心につながるのではなく、その思いを見つめました。

すると、

「あぁ、私はこう思っているんだな。」

「そういう思いが、あるんだな。」

と、ただ見ていて、その思いをありのまま受け止めることが出来るようになったのです。

「この人に負けたくないという思いがある」

「人と比べて自分は劣っているとジャッジしている」

「傷つきたくないと思っている」

など、とめどなく出てくる思いを「そうか、そうか」と理解できるようになりました。

このように、ありのままの思いを理解できるようになると、なんだか内側が満たされ、暖かく愛で包まれるような感じがして、気がついた時にはそのような思いが消えてなくなりました。

また違うタイミングで同じような思いが出てくる時もあるのですが、またその思いを見つめると、消えてなくなり、少しずつ薄れていきました。

心に繋がると自己否定が始まる

たまに、心に繋がると苦しくなる時もあります。

例えば、人からされた事で辛いと感じるとき、ただ見つめる事ができる時は、「辛いと思っているんだな」と、ただ見ている事ができます。

しかし、心に繋がってしまうと

「だって、この人がこうするから、私がこうしないといけなくて、だから辛いし苦しい。この人さえいなければ私はこんな辛い思いをしなくてすむのに…」

など、苦しい思いに繋がって思い悩んでしまいます。

ヨグマタの瞑想では、このような思いが出てきた時に心に繋がらないようにするために、秘法を伝授してくださいます。

心に繋がりそうになった時に、ヨグマタの秘法を行うことで、心から離れてただ見ている事ができるようになるのです。

こうやって、日常生活の中でもヨグマタの秘法を行うことで、心に繋がらなくなり、思いを手放していけるようになりました。

自己否定を本格的になくすにはヨグマタのヒマラヤ シッダー瞑想がおすすめ

ヨグマタの瞑想は、問題点を根こそぎ変えていき、元から問題などなかったかのように自然と変化をしていきます。

自己肯定感が高まって、自信満々になるような変化ではなく、最初から自己否定などしていなかったかのように、自然とあるがままの状態でいられるようになりました。

自己肯定感を上げよう!という考えも聞いた事がありますが、ヨグマタの教えは、どちらにも偏らない、真ん中にいることを教えてくださいます。

真ん中にいると、良いも悪いもない、ただただ無心で平和。といった感じになります。

自己否定をやめられなくて、苦しんでいる方は是非ヨグマタの瞑想を始めて、真ん中にいる無心で平和を体験してくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今回は「自己否定がやめれた話しについて」書きましたが、他にもたくさたくさん変わった事がありました。

もしよろしければ、他の体験談も読んでみてくださいね!

人の言動が気になる 理由を解説 | 他人を気にしてしまう対処法は?

「何か変な事言ったかな?」 「私のせいで嫌な気持ちにさせてしまったのかな?」 常に人の言動が気になって、敏感に反応し自分のせいだと思ってしまう。そのような方は多くいるようです。 私も、以前は人の言動を ...

続きを見る

ヨグマタの瞑想を始めて過食がやめれた私の体験談

私は2年半ほど前にヨグマタ相川圭子さんの教えるヒマラヤ シッダー瞑想を始めました。 瞑想を始める前は過食と拒食を何年も繰り返していました。 なぜ過食をしてしまうのか、そんなことも考えたことがなく、なに ...

続きを見る

ヨグマタの瞑想を始めて「緊張」や「不安」が薄れた時のはなし

前は人前で話すのが本当に苦手で、5人くらいの人前で話す時でもガチガチに緊張してしまい、声が震えてしまうことも度々ありました。 そんな私が、人前でスラスラと話せるようになった体験をしたので、その事につい ...

続きを見る

ヨグマタの瞑想を初めて人を否定する癖がなくなった話し

私には2歳上の姉がいます。   同じ環境で育った者同士分かり合える事もありますし気が合う部分もあるのですが、すぐに喧嘩をして口をきかない時期が多い関係でした。   そんな姉との関係 ...

続きを見る

ヒマラヤ シッダー瞑想について詳しく知りたい方は、無料のメール講座がおすすめです。⇒7日間限定無料メール講座

他にも、ヨグマタ相川圭子さんが書かれた本は、サマディ(究極の悟り)のレベルからのお言葉で書かれているので、読むだけで癒されて変容すると言われています。

私のおすすめはこちらです!

ヨグマタ相川圭子さんの本!これは絶対読みたい!おすすめを厳選しました!

「マツコの知らない世界」や「Mrサンデー」に出演されていた、インド政府公認の瞑想の最高指導者ヨグマタ相川圭子さんは、数々の本を執筆されています。 相川圭子さんに興味があるけど、どの本から読んだらいいの ...

続きを見る

質問がある方は、お問い合わせフォームからどうぞ!⇒きぬりこに質問する

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-瞑想

Copyright© はぴブロ Happy blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.